バニラエア 車椅子の規定やサポートについて

バニラエア 車椅子の規定について確認していき
たいと思います。

先日のバニラエア車椅子問題の報道がありましたが、
どうやったら、車椅子の方が、気持ちよく安全に航空機を
利用できるのかについて見直してみました。

報道の方は、航空会社に事前報告をしていなかったと
おっしゃっていました。

実際には、車椅子の方は、バニラエアを利用しにくい
のでしょうか。

そのあたりの疑問を解消していきたいと思います。

スポンサードリンク

バニラエア 車椅子の方のサポート

バニラエアの公式ページには、以下のように書かれていました。

「バニラエアではご利用頂く皆様に安心してご搭乗
いただけるようお待ちしております。
下記のようなご心配のあるお客様は、搭乗日の5営業日
前までに予約センター(電話番号・営業時間)にお知ら
せください。
ご搭乗日当日は、事前に予約センターにお知らせいただ
きました内容をもとに、お手伝いの内容を確認させて
いただきますので空港カウンターまでお越し下さい。」

また、車椅子をご利用のお客様へということで、予約から
搭乗手続き時、機内にて、到着時と状況に合わせて対応する
内容が細かく確認されています。

歩行状況とか、車椅子の仕様のこととか付き添いのかたの
こととか書かれています。

車椅子についての仕様確認フォームというものもあります。

事前に確認することは、どの航空会社でも必要なこと
としてやっているかと思います。

お互いに気持ちよく利用するためにも必要なことですね。

本人のことは本人にしかわからないので、確認できないと
どうしようもないですね。

旅客運送約款を確認

バニラエアの公式ページには、バニラ・エア株式会社
国内・国際旅客運送約款というものが記載されています。

その中に、「第10条 運送の拒否及び制限」とあります。

航空機を利用する方々の安全と利益を守るために書かれて
いると思うのですが、こうしたことを踏まえて利用する側も
利用しないといけませんね。

今回の問題を通して、ルールやマナーを大切にしていきたいと
思いました。


スポンサードリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。