スカイマーク セール「SKYセール」チケットの取り方

%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%83%ab

スカイマークの運賃の中に「SKYセール」というものがあります。

通常の格安運賃は、「SKYバーゲン45」ですが、これでもかなり
格安になっていますが、SKYセールはさらに、激安になります。

また、「いま得」もかなり格安な運賃です。

でもSKYセールの金額には驚きました。

いろんな制約があるものの、この激安金額はとっても魅力です。

ぜひ機会をとらえて挑戦したいですね。

それでは、「SKYセール」運賃についてみてみましょう。

スポンサードリンク

SKYセール運賃について

SKYセール運賃とはどういった運賃なのでしょうか。

公式ページで確認してみますと・・・

・搭乗期間・売出期間は、キャンペーン実施期間による
・取扱箇所は、WEBサイト・モバイルサイトのみ
・購入期限は、予約日当日の23時59分まで
・販売座席数は、制限あり
・予約変更は、不可、払戻不可

となっています。

口コミ情報をみてみると、インターネットでの予約になりますので、
いち早く予約処理が完了まで行くために、予約開始時刻前にやれるところまで、
予約する準備をしておくようです。

仮に照会時に空席があっても、予約最終画面で「満席」の表示が出る場合があり、
その場合は予約が取れないということになりますので、スピードがすべてのようです。

SKYセール 搭乗期間・売出期間について

搭乗期間・売出期間は、スカイマーク公式ページなどで発表されますので、
いち早く情報を収集しておきましょう。

たとえば、2016年の夏のSKYセールでしたら、こんな感じでした。

搭乗期間が、10月30日から12月21日を対象に、キャンペーン運賃「SKYセール」が
設定されて、売出期間が9月7日午前7時から9日までの3日間限定で販売
されました。

設定区間と片道運賃が、

・福岡~沖縄/那覇線:3,500円
・神戸・名古屋/中部~札幌/千歳・沖縄/那覇線:4,500円
・東京/羽田~鹿児島線、福岡~茨城・札幌/千歳線:5,500円

でした。

たとえば、福岡~沖縄/那覇線でしたら、「いま得」で4,600円~ですので、
1,100円安いことになりますね。

「SKYバーゲン45」でしたら、4,500円ですから、1,000円安くなりますね。

予約する手間とかもありますから、SKYセールがすべていいというわけでは
ありませんが、狙ってみる価値は十分にありますね。

先ほども書きましたが、予約変更不可、払い戻しも不可ですので、
注意しましょう。

予約当日は、パソコンの前に張り付いて挑戦ですね。

スカイマーク公式ページへ


スポンサードリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。