エアチャイナ 荷物 重量個数制限と超過料金について

エアチャイナ 荷物 重量個数制限と超過料金について確認して
いきたいと思います。

エアチャイナ(中国国際航空)での手荷物の制限はどうなって
いるのでしょうか。

航空会社によって、規定は異なります。

しっかりと確認して、規定に引っかからないように注意したいですね。

超過料金なんかは、けっこう負担が大きくなりますので、
上手に荷物を作っていきたいですね。

それでは、エアチャイナの荷物制限についてみていきましょう。

スポンサードリンク

エアチャイナ 荷物 重量制限

エアチャイナ国際線での重量制限はどうなのでしょうか?

まず機内持ち込み手荷物です。

クラスによって機内持ち込み手荷物の上限が違うようです。

ファーストクラスおよびビジネスクラスは、1人につき1個8kgまでを
2個まで手荷物として機内持ち込みができます。

エコノミークラスは、1人につき、1個5kgまでを1個、機内持ち込み
手荷物として持ち込むことができます。

機内持ち込み手荷物のサイズは、長さ55cm × 幅40cm × 高さ20cmまでです。

機内持ち込み手荷物の規定を超える大きさ、個数の手荷物は
受託手荷物として預けることになります。

エアチャイナ 受託手荷物の重量、個数、サイズ制限

受託手荷物の1個あたりの重量は32kgを超えないものとなっています。

32kgを超える場合は、手荷物を2個に分けなければなりません。

1個あたりのサイズは、3辺(縦・横・高さ)の和が、60 cm以上~203cm以内
となっています。

個数は、購入した航空券の無料受託手荷物許容量の個数とフェニックスマイル会員の特典
、超過手荷物料金が課せられる手荷物6個(一般手荷物と特殊手荷物を含む)と
なっています。

エアチャイナの国際線、無料受託手荷物許容量

一般手荷物1個あたりのサイズは、3辺(縦・横・高さ)の和が
158 cm (62インチ、車輪や取っ手を含む)までとなります。

ファーストクラスおよびビジネスクラスの場合、1人につき2個まで
1個あたりの重量は32 kgまでとなっています

エコノミークラスの場合、日本を含むエアチャイナ運航便は、1人につき2個まで
1個あたりの重量は23 kgまでとなっています。

幼児運賃の航空券の場合は、搭乗クラスに関わらず、1人につき23 kgまでの
手荷物1個と折りたたみ式のベビーカー、揺りかごを無料で預かってもらえます。
 
フェニックスマイルの永久プラチナ/プラチナ/ゴールド/シルバー会員の場合は、
ファーストクラス/ビジネスクラスの利用で、32 kgまでの重量の手荷物1個を
追加で無料で預けられます。

エコノミークラスを利用の場合は、23 kgまでの手荷物を1個、追加で預けられます。

スターアライアンスのゴールド会員の場合も、通常の規定個数に加えて、
23 kgまでの手荷物を1個無料で預けられます。

中国国外で米ドル以外の通貨で航空券が販売される場合は、超過手荷物料金は
支払当日の為替相場のレートに基づき、米ドル(USD)を現地通貨に換算して
支払うこととなっています。


スポンサードリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。