イースター航空 荷物 個数と制限について

イースター航空 荷物 個数と制限について確認
していきたいと思います。

イースター航空の荷物の個数について制限はどう
なっているのでしょうか。

イースター航空でも荷物に関して、重量やサイズなど
規定があります。

では、荷物の個数についてはどうなのでしょうか。

旅行での荷物の個数というのは、とても気になりますね。

荷物の準備にも関わりますので、しっかりとみて
いきましょう。

スポンサードリンク

イースター航空 荷物 個数

荷物にも機内持ち込み手荷物と預け荷物(受託手荷物)
があります。

それぞれに規定があります。

機内持ち込み手荷物 個数

機内持ち込み手荷物は、1個です。

ノートパソコン、書類カバン、ハンドバッグや化粧品カバン、
飛行中に使用する幼児用の食べ物は無料で持ち込みができます。

重量の規定が7kgですからそこまで大きな荷物とは
いきませんね。

2個目の荷物は、受託手荷物として預けることになりますね。

受託手荷物 個数

受託手荷物、預け荷物の方はどうでしょうか。

受託手荷物の無料許容量は、国際線で重さ15kg、サイズは
203cm以下という取り決めがあります。

折りたたみ可能なベビーカーや幼児運搬用ゆりかご、自動車用
ベビーシートは1つに限って預けることができます。

個数の制限の方は、超過手荷物の方の規定をみても、
韓国―日本区間で、1kg当たり1,000円ということと、
手荷物1個の重量が32kgまで、三辺(横、縦、高さ)の合計が203cmまで
ということ以外は、個数の制限はないようです。

小分けにして預ければ、持ち運びには困りませんね。

ただ、超過手荷物料金をみると、1kg当たり1000円とかなり
高い手数料の設定になっていますので、実質的にたくさんの
荷物を受託手荷物として預けるのは、現実的ではなさそうです。

急を要さない荷物でしたら、船便で送るほうが安く済みますね。

どうしても手荷物で持っていきたい場合は、厳選するか、ほかの
航空会社を検討するのも必要になりますね。

イースター航空予約はポイントが使える楽天トラベルから


スポンサードリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。